何故やるのか?

正解に価値がない時代に

好きなものは、なんですか?
そんなアンケートを100万人にしたとして。「TOP3」になったものをあなたが好きとは限りません。100万人のうち、1人しか答えないものだとしても、私には私の、あなたにはあなたの、選択があります。みんなにとっての「正解」である必要などなく、私たちにはみなそれぞれに違った人生の選択があります。それは「正否や優劣」ではなく「違い」です。
「正解の時代」から「違いの時代」へ
インターネットの爆発的普及は情報伝達のコストを限りなくゼロにしました。イスタンブールに住む女性が素敵だと思って撮影した夕日の写真を、山梨に住む私はリアルタイムにinstagramで素敵だと共感することができます。その気になれば、話すことだってできます。そしてAI(人工知能)の進化により、情報処理のコストも「ゼロ」になる時代が来ようとしています。

誰もが同じ答えにたどり着く「正解」の時代は終わりました。これから先は「違い」の時代。私とあなた、すべての人間の「違い」こそが世界に産み出される価値の源泉です。
半径10メートルから、この社会を面白く。
「好きなものは、なんですか?」
これまで企業はその「TOP100」を市場と定義しビジネスを開発してきました。100万人に1人しか答えないアイディアのほとんどは「市場がない」とされ、具体的なカタチになっていませんでした。

これから始まるのは「違いの時代」。100万人に1人しか答えないアイディアのロングテールがテクノロジーの力を借りて「実際のカタチ」となり世界に価値を産みだす時代です。私たちは、自分達の半径10メートルから個々の「違い」をビジョンとカタチにして世界に提案するための基盤を創り、この社会の価値を増やし、豊かに、面白くします。

最上部へ