やっていること

開始1年で55%がオンライン化「公共体育施設の予約・決済」をDX

開始1年で55%がオンライン化「公共体育施設の予約・決済」をDX

プロジェクト概要

スポーツやイベントを行う際に利用ができる市民体育館などの公共体育施設。今まで都留市で施設を利用するためには、市役所の窓口にて予約申請手続きを行う必要がありました。予約の度に市役所を訪れることは大変であると感じる市民も多くおり、これまで何度も「予約申請のデジタル化」が検討されてきました。しかし、多くの市民に広く公平に利用してもらう為の「調整業務」など独自の複雑な業務プロセスから、デジタル化が断念されてきました。

市民の持つ「便利に施設を利用したい」というニーズと「広く市民に施設を利用してほしい」という市役所の想いから産まれた独自の業務プロセスは、本来相反するものではありません。C-tableでは、施設予約に関する利用者・市役所の業務をヒアリング・分析し、デジタルでの予約・決済機能を開発しました。

結果、リリースから1年もたたずに予約申請の55%がオンライン経由となりました。また、実際にオンラインで予約をした利用者向けアンケートでは100%のユーザに「デジタルで予約できるようになって便利になった」と回答いただきました。

独自の業務プロセスを整理しデジタル化

民間施設ではネット予約・決済が広く普及しているにも関わらず、なぜ行政が管理する施設ではデジタル化が進まないのか。私たち自身も疑問に感じていました。実際、先着で施設の予約を埋めていくだけならシステムとしてもそこまで複雑ではありません。

しかしヒアリングを進めていくと、実際は様々な事情を加味した複雑な調整業務が行われています。それら業務は自動化・システム化がしにくく、しかし公共施設として適正な運営をしていくために民主的に定められた必要な業務です。

デジタル化の為に「業務をシンプルにするか?」「複雑な業務をデジタルシステム化するか?」

民間企業では前者一択です。しかし行政ではそうではありません。これら業務を整理していくことからプロジェクトはスタートしました。

公共施設の予約・決済をスマートフォンからできる

まずはなにより「市民の負担を減らす」という最初のゴールを設定し、予約申請・決済をスマートフォンからできるように検討しました。しかしオンライン経由が100%になることを目指すのではなく、紙で申請したい方は紙でできるよう、並行して運用できる仕組みが重要として設計・開発に取り組みました。

結果的にリリースから1年もたたず、予約申請のうち55%がオンライン経由となりました。アンケートの結果、オンライン経由で予約して下さった方の満足度は100%。「予約・支払いの度に市役所へ出向かなくて良くなった」という感想を多くいただきました。

「公共」と「便利」が矛盾しないDX

デジタル技術が進みライフスタイルも多様化していく中、「民主的に定められたルールがボトルネックになってデジタル化が進まず、結果的に市民が公共サービスを使いにくい」という状況は誰にとっても望ましくありません。

「誰もが広く平等に公共サービスにアクセスし、使えるように。」
「デジタルで便利に公共サービスを使えるように。」

これは矛盾するものではなく、本来相乗効果があるものだと私たちは考えています。C-tableは、これからもテクノロジーの力を活用し、地域のデジタル変革(DX)を具体的な形にしてまいります。

 

開始1年で55%がオンライン化「公共体育施設の予約・決済」をDX

最上部へ